アメリカン雑貨SUZUYA

店内の様々な事をブログしていきます。

No1:☆LOG CABIN 2018☆

f:id:suzuya1940:20180305221418j:plain f:id:suzuya1940:20180305221446j:plain

 記念すべき第1回のブログです~記念するのは自分だけかもしれませんが、、!

タイトルは:☆LOG CABIN 2018☆ です。

 ログハウスと言えば、自然あふれる場所にあるイメージ(自分の勝手な主観)です。しかしこの場所は真逆の、準防火地域の街中。また床面積16㎡の小型サイズ(ホテルのシングル又はツインルームのイメージ)ですが、建築確認申請に対してはその基準に対応する素材材料でなければなりません。規制やサイズからして、おのずと通常より高単価。しかし、それだからこそ、高価値(建物内での森林浴や使い勝手そしてデザインまたDIYなど)ログハウスと思っています。完成が楽しみです。

 いいえ!ログハウスの原点基本は何といってもDIYですから、実は建物引渡しから自分工事が始まり、結果として完成は無いのかもしれません。比較するにはかなり大げさですが、ヨーロッパの何処かの寺院がそうですね。

 

 今日から工事が始まりました。午前中に現場で建物位置確認を済ませました。そして工事が始まる昼頃から雨が、、午後には激しい雨、、、、。基礎工事の掘削仕事にとって、この雨は、?。職人さんに機会を見て聞いてみよう。それにしても皆さん、雨合羽でご苦労様でした。

 掘削現場からは、コンクリートやごみ?等が少量ですが出ました。実際に掘ってみないと何が出てくか分かりません。一瞬、世間を騒がしている「森友問題」が頭を過ぎり不安になりました。ちなみに、この土地の前所有者は市所有地(遊休地)でした。

 建物完成引渡しは5月、これから3か月、、。現場の状況を出来るだけブログして行きます。ご関心のある方は時々☆LOG CABIN 2018☆にアクセス下さい。またご意見ご質問などがありましたら、お気軽に何時でも何でもお問合せ下さい。下記は「今日の工事現場」と「ログ呼称について」です。お時間があればご覧ください。

*************************

「ログ呼称について」

” ログハウス ” の呼称は、日本で何時誰が名付けたのか不明な和製英語。。。

 通称ログハウスは、英語では Log Cabin又はLog Homeと呼ばれ、フィンランドやドイツではBlock HausとかBlock House と呼ばれているそうです。

 ” ログ ” 本来の意味は ” 丸太” とか” 木” という意味です。しかし、その一方でコンピュータ用語として ” ブログ ” や高度コンピュータ言語として ” ログ ” が 表現されています。

 ログハウスとコンピュータの全く異なる世界で引用使用されている呼称の ” ログ ”は、下記のごとく、 同じ意味の語源から 発生しています。 

大昔 ナポレオン以前の大航海時代、 高度な航速測定器がない時代は、船の後部から ロープをつけた丸太を海に投げ込んで 、船と丸太の離れるスピードを砂時計で計って 船の速度を確認し、それを毎日記録して 進んだ距離や 明日の予測距離などを目安に 航海のスケジュールを決めていました。 

そこで log in (ログイン)は「丸太を海に投げ込め!」という号令で「航海開始・航速測定!」の意味です。

そこから「航海日誌」、さらにコンピューター用語の「接続開始」 となったわけです。

インターネット検索で 「ログハウス関連」の情報を得ようとすると、やたらに コンピュータ関連の検索記事に出くわすのは このためです。※以上は、ネット記載文面の記事から一部を引用させて頂きました。

*********************

「今日の工事現場」約1分間の動画です。BGB音量にご注意下さい。


No1今日の現場2018 03 05