アメリカン雑貨SUZUYA

店内の様々な事をブログしていきます。

No6:☆LOG CABIN 2018 ☆

f:id:suzuya1940:20180305221418j:plain  f:id:suzuya1940:20180305221446j:plain

2018.03.15<今日の工事現場>天候は晴れ昨日よりも気温は上昇しています。<基礎の型枠組立>が行われました。型枠位置を計測決定して行きます。その後に位置確認をしながらの型枠施工です。丸形型は柱の基礎です。また室内床下位置にも丸型枠が施工されました。これで建物の基礎作りの準備が整いました。来週に生コン打ちの予定です。今のところ天候は?晴天になれば嬉しいです。

f:id:suzuya1940:20180315214252j:plain f:id:suzuya1940:20180315214326j:plain f:id:suzuya1940:20180315214355j:plain f:id:suzuya1940:20180315214505j:plain 

f:id:suzuya1940:20180315214542j:plain f:id:suzuya1940:20180315215100j:plain f:id:suzuya1940:20180315214609j:plain 

 

No4:☆LOG CABIN 2018 ☆

f:id:suzuya1940:20180305221418j:plain  f:id:suzuya1940:20180305221446j:plain

2018.03.13<今日の工事現場>配筋検査合格(現場にはいませんでしたので、合否の基準など具体的内容については分かりません?)の連絡がありました。※余談:「合格」良い響きです。合否と言うと、今は受験シーズンで何かと気になる言葉です。受験生の皆さん合格すればうれしいです。さて、午前には給排水口の取付が行われていました。そして、夕方には枠型資材の搬入もありました。いよいよ明日8:00から第一回の生コンの流し込みが始まります。

<給排水口>f:id:suzuya1940:20180313194224j:plain f:id:suzuya1940:20180313194252j:plain<資材>f:id:suzuya1940:20180313194347j:plain f:id:suzuya1940:20180313194421j:plain

 

No3:☆LOG CABIN 2018 ☆

f:id:suzuya1940:20180305221418j:plain  f:id:suzuya1940:20180305221446j:plain

2018.003.07<今日の工事現場>今日もまた曇り空、、私用での外出から帰宅した夕方4時頃、工事車両が来ました。「今から、型枠を時間的に出来る範囲で施工します」との事でした。

f:id:suzuya1940:20180307223730j:plain

先日の話では{配筋検査完了した後に、型枠生コン作業を来週水曜日に施工予定}と聞いていました。⇐検査は何時なのでしょうか?

<履歴:建物基礎>鉄筋コンクリート工法(ビル)、ツーバイフォー工法(店舗と住宅)、鉄筋工法(店舗と倉庫)の5棟を法人個人で新築してきた中で、今回の布基礎は初めての経験です。楽しく眺めています。

No2:☆LOG CABIN 2018 ☆

 f:id:suzuya1940:20180305221418j:plain  f:id:suzuya1940:20180305221446j:plain

2018.003.06<今日の工事現場>天候は曇り、雨が降らなければよいのだが。基礎工事2日目です。配筋作業は、高さや幅など慎重に計測しながら正確に手早い仕事です。熟練した職人さんです。

f:id:suzuya1940:20180306223934j:plain f:id:suzuya1940:20180306224031j:plain f:id:suzuya1940:20180306224109j:plain

 

地盤調査>:2018/12実施:※基礎工事に入る前の重要な事でした※地耐力20kn~30kn/㎡以上の安定地盤であることを祈りながらの実施調査でした。建物重量等の数値を勘案し、敷地履歴、地形、近隣柱伏図、周辺敷地状況、土質分類等を分析し、国交省が指示する許容支持力を算出し、本件の地盤状況を判断します。その判断は、年度内に結論が出ずに年を越す事となりました。その結果によっては地盤改良(予算オーバー)も覚悟しなければなりません。新年早々、それは吉報(問題なし!):とても安堵しました。 年を越してはいましたが、気持的にはようやく年を越せた感でした。

 

<基礎工事>種類は杭基礎(地耐力20kn/㎡以下)で既成杭工法と場所打工法があります。一方、安定地盤の低階層建物では直接基礎です。その直接基礎は独立基礎(玄関ポーチなど)、べた基礎(一軒家の低階層建物など)、布基礎、フーチング基礎があります。またその他に特殊基礎やケーソン基礎もあるようです。※☆LOG KABIN 2018☆は経済的理由や建物サイズ等から布基礎となりました。  

 

※今後のブログ予定※<何故?ログハウスを選択建築するのか?><工務店さん選択理由とは?> <予算資金計画は?><これから決済や準備しなければならない事は?>